ぴぃ・ダイアリー

ぴぃ・ダイアリー

オタクの重め日記。

自粛するあなたにおすすめの音楽(1)髪の短い少女は、好きですか。『short hair』

{警告}

本記事には今までの僕のブログには無い陽キャの成分が多分に含まれています。

「キモオタ~!www」とか、

「どうせコンベBANの話だろw」

とか思ってるオタクは、我が深淵から放たれし”卍陽の光卍”によって全身が火傷してしまいます。

それでも構わない方だけがこの先の記事をお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

はい。こんにちは。ぴぃ高です。

なんか最近ブログ流行ってるみたいですね。同じような内容が溢れていますが。

正直あのゲーム、同担が気持ち悪いの増えすぎて無理になったので距離を置こうと思います。もともと同担は気持ち悪いし敵だという前提のもとでいろんなコンテンツ触れてきたんですけど、敢えて嫌いな所に首突っ込んだせいでもっと無理になりました。

 

前置きはいいので本題行きましょう。

察しの良いひと(森くん)はタイトルで気づいているかもしれませんが、今回テーマにしたいのは僕の好きなバンド、

Base Ball Bear

についてです。

 

僕はTwitterとかでも「おすすめの曲(バンド)なに?」って聴かれるとすぐにリンク持ってきたり曲の解説したりするくらいには邦ロックを聴いている「元・陽キャ」なのですが、

 

そのなかでも僕がいちばん長く聴いていて、

狂信者のごとく知識を蓄えているバンドが彼らです。

 

この記事を見ている陽キャ耐性のあるオタクが混ざったあなた方には、

ニコニコ動画で軽いセンセーションを巻き起こした「ドラマチック」や、『銀魂』の主題歌でもあった「Stairway Generation」は聞き覚えがあるのでは無いでしょうか。

 

 

今回は彼らのバンド遍歴とかは紹介しません。(wikiを見ろ)

お勧めしたい楽曲と、その曲と、彼らに関わる僕のちょっとした昔話だけを。

 

 

僕が彼らに出会ったのは「鴨川ホルモー」という映画の主題歌「神々 LOOKS YOU」という曲でした。まぁ原作が良かったのでたまたま映画も見て、たまたま曲も聴いてたってだけなんですが。

 

その彼らに再会したのが「short hair」という楽曲。

この楽曲をはじめて聴いたとき、スペースシャワーTVでMVを見たとき、今まで聴いていた邦ロックのすべてをひっくり返されたような衝撃を受けました。

 

あまりにも好きすぎて「デレステ」のカバー曲リクエストに送ったくらいです。

めんどくさくないので「カバーして欲しくない」とか思わなかったよ?????


Base Ball Bear - short hair

 

ドラムとギター1本のシンプルなイントロから、

同期の音が一切混じらない正に王道の進行、

そして「短い髪の君」に対する恋慕の感情を気づかないように、気づかないようにフィルターをかけていた「僕」の気持ちを解き明かして行くような歌詞。

 

ラブソングでありながら、「好き」という言葉を排して進めていく構成は、アイドルソングとJPOPの中に溺れていた当時の僕を言葉の海から引っ張り上げていきました。

 

そして、この曲のMV。

当時人気が出るちょうど一歩手前の本田翼さんが出演されているのですが、

この曲の本田翼はひと味違います。

大事なので大文字で色も変えました。

 

「short hair」というタイトルの曲にピッタリというか、ドンピシャというか、

「世の中のショートヘア好きの男子が理想像として頭の中に描いている髪の短い少女」

を体現しています。

 

ちなみにこの曲を聴いてからなのかはわかりませんが、三次元で好きになった女の子はみんな髪が短いです。

 

疾走感と、恋に気づいたときの気持ちを味わえる4分20秒をお楽しみください。

 

また、4人構成から3人構成になって、

バンドとしての過渡期を超えた彼らの楽曲も是非。

 

新呼吸 (通常盤)

新呼吸 (通常盤)

  • アーティスト:Base Ball Bear
  • 発売日: 2011/11/09
  • メディア: CD
 

 

 

Grape

Grape

  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

 

 

はい。

こんな感じで曲紹介をたま~にしていこうかなとおもいます。オタク達みたいに、毎年一回だけ立ち上げるンじゃなくて、ブログは継続しないとね。

それでは。

 

 

 

 

ぴぃ高